Swimming.jp

Swimming.jp Butterfly Technique

水泳 バタフライの泳ぎ方 スピードを上げるキックの打ち方とタイミング

速く泳ぐためのキックとは?

競泳ルールでのゆったりバタフライでは「キックは軽く添える程度でしか打っていない。」事を解説しましたが、速く泳ぐ事を考えるとやはりキックは重要になってきます。

実はアスリートと一般の方の「体の使い方」には違いがあり、姿勢と足の位置によって力の伝わり方が違ってくるので詳しく解説していきたいと思います。中上級者向けの内容になりますが、初級者も最終的に目指すキックの形ですし「うねりの大きいゆったりバタフライ」でもアスリートと同じ形のキックを打ちますので、泳力に関係なく皆さんに見ていただきたい内容となっています。

バタフライは第1キック後に体を沈めるので、自然にくの字になりますが、第2キックは逆になるので、体が反りやすくなる事を念頭に置いて解説をご覧いただければと思います。

体の使い方の違い

以下のアニメーションは上級者(アニメA)とアスリート(アニメB)の体の使い方を表したものですが、肩の柔らかさの違いによってこれだけの差があります。

 

まず、アニメーション左上の「1」ボタンをクリックしていただきたいのですが、上級者でも肩があまり柔らかくない場合、1コマ目から体を水面に近づけるためのグライド動作が長くなり、掻き始めが遅くなる事がわかると思います。アスリートは、すでに掻き始めるための姿勢が1コマ目で作られているので、そのままストロークを開始する事ができます。

この違いはキックのタイミングにも関係してきます。上級者はグライド時間が長いのでその分第2キックを打つまでの時間が0コンマ何秒か遅くなる訳ですが、これと腰を反る2つの反動によってキックが12コマ目のように振り上がってしまいます。一度、陸上でうつ伏せの状態から腕を持ち上げてみてください。足も同時に持ち上がってしまいますが、それと同じ事が水中でも起こります。

逆にアスリートは、体が反らずに上半身が一直線のままで1コマ目からストロークができるので、腰を支点にして体を回す事で素早く斜め上方を向けるので第2キックまでの時間を短くする事ができます。実は、肩が柔らかい方でもアニメーションAのような上級者は多いので、せっかくのご自分の武器をうまく使えていない場合もありますので、肩が柔らかい場合はご自分の泳ぎを再確認してみる事をおすすめいたします。

 

もう一つ以下のアニメーションAの泳ぎを見ていただきたいのですが、グライド動作が長くなるのであれば、入水後にあまり潜らずに泳げばいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなると体重移動ができず推進力を得られません。また、体が10コマ目で立ち上がってしまうのですが、手を挙げるためにフィニッシュの14コマ目まで体を持ち上げ続けなければならず、腰を反って顔の高さを保とうとします。フィニッシュ後もどんどん体が水中に落ちていくので体を更に反らなければならず、結果リカバリー動作で(18コマ目まで)体が水中に大きく沈んでしまうので失速してしまいます。

 

アスリートは1コマ目のように体重移動で上半身を沈めているので、ストロークをしてもすぐには体が立ち上がらず、フィニッシュ地点で体が最高点に達するように泳げるので、顔が水面上に完全に上がっているのは12〜15コマ目と短い事が分かると思います。

体幹を使うテクニック

ここからがキックの本題ですが、アスリートのキックのテンポはほぼ一定でメトロノームのようなリズムを刻みます。これがなぜできるかは先ほどの解説でお分かりの通り、上半身が一直線であるからで、ストロークを開始した際に体幹に自然に力が入ります。

プールから上がる時に体を反って上がる人がいないように、腹筋に力が入って軽くくの字になる方が自然に腕や背中に力が入る事を私たちは知っていますが、上級者は体が反っているので体幹に力が入りにくく、背中側の筋肉を使ったストロークができません。

※再生ボタンをクリックしてください。

 

これはキックにも同じ事が言えるのですが、直立姿勢でサッカーボールを蹴る時に以下のアニメーションAのように軸足の後ろにボールがあると強いキックを打つ事はできません。Bのように軸足の前にボールがあったほうが強く蹴られます。上級者のアニメーションでは第2キックが終わった16コマ目でも体が若干反ったままです。

 

上級者は、ピッチを上げようとすればするほど体が反りやすくなります。速く水面に上がりたいので、無理に上半身を持ち上げるわけですが、その反動で足が水面上に持ち上がってしまうため、アニメーションAのように体を反ったままキックを打たなければならない状態になってしまい、体幹に力の入らない弱いキックしか打てなくなってしまうわけです。

 

上級者でもこのような泳ぎになってしまう訳ですから、肩が硬いうちから競泳ルールのバタフライを習得しようとすれば、腰に負担がかかる泳ぎになってしまう事がお分かりになるのではないでしょうか。

キックの形とタイミング

アスリートのキックは、以下のアニメーションのように体に一本の軸を通すと10,20コマ目のように必ず膝が体の前に出てきます。ストローク、キック、どちらにも体幹を使えるような体の形を作り出し泳いでいます。

また、20コマ目を見ていただくと分かると思いますが、アスリートはキックを打ち始める時の上半身が水平に近くなっているので、キックの力をより進行方向に伝えやすくなっています。上級者のキックも進行方向には伝わりますが、体がしっかり倒れていないので、うねりを作り出す方向にも力が働く形になり分散されてしまいます。

 

動作を連動させ効率的に

上級者は体が水面に持ち上がった16コマ目に若干胸が立っているので、反った上半身をまっすぐに戻しながらリカバリーしなければなりません。対してアスリートは上半身は動かさず腕だけを戻せばいいので、第2キックを打った後の体幹に力が入った姿勢を維持しながらリカバリーに入っていきます。

そのリカバリーに目を向けると、アスリートが13〜20コマの8コマ、上級者が17〜21コマの5コマとアスリートの方が長い事がわかります。スピードが速いと体が浮いてリカバリーの時間が長くなるのですが、上級者よりも体が水平な姿勢を保つ事ができているからこそ抵抗を受けすに進んで行く事ができます。スピードが遅い場合はリカバリーが速い方が体を沈めずに泳げるので、うねりの大きいゆったりバタフライではそういう泳ぎになっています。

入水後の1コマ目からストロークを始める際も、上級者は体を反りますがアスリートの上半身は一直線のままで余計な動きはありません。「大人の水泳」で連動について解説しましたが、アスリートというのは、次の動作が楽に効率的にできるように泳いでいるわけです。

うねりの大きいバタフライ

さて、管理人のおすすめする「うねりの大きいゆったりバタフライ」ですが、この泳ぎは肩が硬くても体が一直線になって泳ぐ事ができやすくなるので、アスリートに近い体の動きが可能です。

「1掻き1蹴りでバタフライが上手くなる」と同じタイミングで、第2キックを打った後にストロークを開始しますが、キックをしっかり打った後に勢いを使ってストロークできるので、管理人の中で4種目で一番「水を掴める感覚」があり、体が気持ちよく前に進みます。

また、この第2キックを打った後に上半身が水平に近くなるのがわかると思います。ここで体がくの字の姿勢を取れていると、ストロークした後に上半身を水面上に持ち上げても体がほとんど反りません。また、腰が水面近くにあるので、体を持ち上げる力も少なくてすみますし、その分、前に進ませるようなストロークができるようになります。

入水後は体重移動時から腕を水面に近づける意識を持っているので肩も柔らかくなってきています。このまま肩が柔らかくなれば、もしかすると将来的にアスリートと同じような泳ぎが可能になるかもしれません。少しだけその望みを持って管理人は「うねりの大きいゆったりバタフライ」を続けています。

Youtubeでも解説させていただいております。