水泳 日本最大級の情報サイト

Swimming SNS
SWAVE 水泳を通じたコミュニケーションSNS
SWAVE
日々のエクササイズを記録。グラフ表示。
生徒と指導者を繋ぐコミュニケーションSNS
オンラインにて指導力を可視化・指導者ホームページの作成。全て無料。

3Dアニメーション

泳法習得する場合には泳ぎをイメージし体現しなければなりません。泳ぎ自体が全くイメージがないまま泳法練習を行うより3Dを見る事によって泳ぎのイメージをつかんでから行う方がより泳法習得には効率的です。

水泳 四泳法の泳ぎ方 四泳法テクニックコラム

Freestyle

クロール キャッチアップはなぜ必要? ストロークの効率を考える

前回、キャッチアップの種類と練習方法について解説しましたが、実際に綺麗に速く泳げる人が「キャッチアップに近いストロークで泳いでいる」ので、管...
クロール キャッチアップはなぜ必要? ストロークの効率を考える
Freestyle

クロール キャッチアップの種類と練習方法

今回はキャッチアップクロールについて解説して行きたいと思います。 キャッチアップクロールとは「追いつく」「追いかける」という意味ですが、例...
クロール キャッチアップの種類と練習方法
Freestyle

クロール 最も効率的な肩の動きでストロークを長くする

最も効率的な肩の動きということで、以前の記事で「肩を大きく回す事が重要」である事を解説しましたが、理想の大きい肩の動かし方の2点を詳細解説し...
クロール 最も効率的な肩の動きでストロークを長くする
Freestyle

クロール 速く泳ぐ際の呼吸のタイミング

前回まで、楽に泳ぐための息継ぎについて解説してきましたが、レベルが上がり泳ぐスピードが上がって行っても同じタイミングで呼吸するのかを解説して...
クロール 速く泳ぐ際の呼吸のタイミング
Freestyle

クロール 楽に泳ぐための息継ぎのタイミング(初級者向け)

前回「クロール 楽に泳ぐための息継ぎの量」では、上級者や選手ができるだけ肺に空気を取り入れ、胸を膨らませた状態で息継ぎをする事で肺がしぼまな...
クロール 楽に泳ぐための息継ぎのタイミング(初級者向け)
Freestyle

クロール 楽に泳ぐための息継ぎの量(初級者〜上級者向け)

前回「楽に泳ぐための息継ぎの形」では肩を大きく回して天井を向くような形になっても「しっかりと大きな息継ぎをすることが大切」であると解説しまし...
クロール 楽に泳ぐための息継ぎの量(初級者〜上級者向け)
Freestyle

クロール 楽に泳ぐための息継ぎの形とは?(初級者向け)

クロールを長く泳いだり、速く泳げるようになるためには、息継ぎがしっかりできていなければ泳ぎがいくら綺麗でも酸素が取り込めずにすぐに疲れてしま...
クロール 楽に泳ぐための息継ぎの形とは?(初級者向け)
Freestyle

水泳 クロール タッチターン<完結編>動画比較

今回は実際の動画を比較しながら、前回までに解説しきれなかった部分についても詳細解説させていただきました。 あれもこれもと解説しましたが、基...
水泳 クロール タッチターン<完結編>動画比較
Freestyle

水泳 クロール タッチターン <後編> 最も重要なタッチ

タッチターンがうまくなる為の練習方法<後編>では、タッチについて解説していきます。「ターンなのにタッチ?」と思われる方もいらっしゃると思いま...
水泳 クロール タッチターン <後編> 最も重要なタッチ