Swimming.jp

Swimming.jp

3Dアニメーション

泳法習得する場合には泳ぎをイメージし体現しなければなりません。泳ぎ自体が全くイメージがないまま泳法練習を行うより3Dを見る事によって泳ぎのイメージをつかんでから行う方がより泳法習得には効率的です。

swim 四泳法テクニックコラム

全種目共通

情報過多による弊害

皆さんの周りには水泳に関する情報があふれています。トップスイマーの泳ぎのテクニックなどが図解や動画を使って説明されています。 ...
情報過多による弊害
Freestyle

タッチは姿勢練習として最適

以下はゴールタッチのアニメーションになりますが、ここも初級者と上級者の差が出やすい部分になります。上級者はタッチの直前まで体(足)が...
タッチは姿勢練習として最適
お知らせ

ホームページリニューアル

ホームページをフルリニューアルいたしました。 とうとうオリンピックが始まりましたね!!開会式を見ていると、数々の最新テクノロジ...
ホームページリニューアル
Freestyle

キックとプルのタイミング

よくキックとプルのタイミングを合わせると言いますが、どういったタイミングになるかを3Dアニメーションにて解説したいと思います。この言...
キックとプルのタイミング
Backstroke

ハイエルボードリル

ハイエルボーの意識をすると、「背泳ぎの悪い見本」の水を撫でるストロークになりがちになる事を前回お話ししました。そういうストロークにな...
ハイエルボードリル
Backstroke

ストローク中のハイエルボー

皆さん、「初めてのスイム」の練習で綺麗に泳げるようになりましたでしょうか。今回は背泳ぎのハイエルボーがクロールとほぼ同じであることを...
ストローク中のハイエルボー