Swimming.jp

Swimming.jp

3Dアニメーション

泳法習得する場合には泳ぎをイメージし体現しなければなりません。泳ぎ自体が全くイメージがないまま泳法練習を行うより3Dを見る事によって泳ぎのイメージをつかんでから行う方がより泳法習得には効率的です。

swim 四泳法テクニックコラム

全種目共通

情報過多による弊害

皆さんの周りには水泳に関する情報があふれています。トップスイマーの泳ぎのテクニックなどが図解や動画を使って説明されています。 ...
情報過多による弊害
続きを読む
Freestyle

タッチは姿勢練習として最適

壁にタッチする際の姿勢を良くする事が泳ぎとターンのスキルを上げるため、これから数回にわたってタッチのテクニックとそれに関係するコラム...
タッチは姿勢練習として最適
続きを読む
Freestyle

キックとプルのタイミング

よくキックとプルのタイミングを合わせると言いますが、どういったタイミングになるかを3Dアニメーションにて解説したいと思います。この言...
キックとプルのタイミング
続きを読む
Backstroke

ハイエルボードリル

ハイエルボーの意識をすると、「背泳ぎの悪い見本」の水を撫でるストロークになりがちになる事を前回お話ししました。そういうストロークにな...
ハイエルボードリル
続きを読む
Backstroke

ストローク中のハイエルボー

皆さん、「初めてのスイム」の練習で綺麗に泳げるようになりましたでしょうか。今回は背泳ぎのハイエルボーがクロールとほぼ同じであることを...
ストローク中のハイエルボー
続きを読む
Backstroke

初めてのスイム

背泳ぎのスイムをおこなっていきますが、「ストロークをつけたキック」でほぼ出来上がっていると思います。「背泳ぎの悪い見本アニメ」の注意...
初めてのスイム
続きを読む
Backstroke

背泳ぎの悪い見本

ここでは「背泳ぎで陥りやすい点」について解説しています。理想の泳ぎとの違いを解説していきますので、ここに掲載された泳ぎにならないよう...
背泳ぎの悪い見本
続きを読む
Backstroke

ストロークをつけたキック

今回から実際に手を回して行きますが、まず第一は「焦らないこと。」です。以下のアニメーションは、前回の「片手を伸ばしたキック」の姿勢か...
ストロークをつけたキック
続きを読む
Backstroke

両手を伸ばしたキック

続いて両手を伸ばしてキックをおこなってみましょう。この時もキックを頑張りすぎず、とにかくリラックスしておこなう事が大切です。手を前に...
両手を伸ばしたキック
続きを読む
Backstroke

気をつけキック

まずはキックをしないで浮いてみましょう。この時に足が沈んでしまうのは仕方のない事ですのであまり気にしないでください。ただし、腰に負担...
気をつけキック
続きを読む
Backstroke

背泳ぎを綺麗に泳ぐために

背泳ぎを泳ぐためのコツは「リラックスして浮ける事。」これに尽きます。これができないまま背泳ぎを泳ごうとする事で、姿勢が維持できずに泳...
背泳ぎを綺麗に泳ぐために
続きを読む