Swimming.jp

 Swimming SNS

SNSトップ > エクササイズ日記リスト > エクササイズ日記
地方別インデックス
北海道 青森 岩手 秋田 宮城 山形 福島
東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬
愛知 岐阜 静岡 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 三重 和歌山
島根 鳥取 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
  • Photo
    八重樫徳久 6月21日
    Swim4700m Run0km Bike0km

    スイム4700m

    長水路プールにて

    1. Swim 400m×10 IMR(100FR,100BR,100BA,100FLY)
    2. Swim 500m×1 IMR(100FR,100BR,100BA,200FLY)
    3. Down 200m
    (1,2,3を続けて約85分間泳)

    中3日で泳ぎに行ったせいか、今日はいつもより初めから体が動いた。動いたと言っても、2000m程泳ぐまでは微妙にだるい状態。

    ただ、2000mを超えてから4種目全てでいつもよりスピードに乗れたように思う。

    クロールは、呼吸時にいつもよりも後を見る事で腕が前後に自然に伸び、力を使わなくてもフィニッシュが押せてスムーズに腕が抜けた。

    平泳ぎは、体が持ち上がり、キックを蹴る直前に腰が水面上にフワッと楽に上がった。→4-2のように(https://www.swimming.jp/archives/2365/2/

    背泳ぎは、ストロークの中間(フィニッシュ前)の加速がしっかりできて、いつもよりもスピードに乗れた。理由としては、フィニッシュ後のリカバリーで指先ができるだけ遠くを回るように意識した事で、リカバリー時の指先までの半径が長くなりスピードが上がったような感覚が得られリズム良く泳げた。ストロークが加速すると、キックまでしっかり打てるようになり、相乗効果で全てがうまく回り選手の時のスムーズな泳ぎが蘇ったような気持ちになり気分良く泳げた。(しかも疲れない。)

    バタフライはテンポを上げてあまり潜らないようにし、入水時は腕を水面に置いておくようなイメージで泳ぐ。体重移動の深さがハマると力がいらずに泳げたが、まだムラがあるので安定させて行きたい。この全く疲れない形は、ある程度スピードが出ていて、浮力や体重移動(上から水を押さえつけて進む)が三位一体になって効率良く泳げている。

    こういう泳ぎができるようになると、「ゆっくり泳いだ方が疲れる」というのが分かります。スピードがないので浮力も小さく、体が浮かないから体重移動での進みも小さく(低い位置からしか水を押せない)なってしまいます。今日は、「これを分かりやすく数値化できないかな」と泳ぎながら考えていました。

    考えれば考えるほど難しいですが、簡単に表現できるように試行錯誤して行きたいと思います。

    家に帰ると、最近選手で上のクラスに上がった娘が「新しい練習をやった!」と楽しそうに話していたので、終始ニヤけて話を聞いていました。笑
  • コメントはまだありません。

Swimming.jp コンテンツ