Swimming.jp

Swimming.jp Backstroke Technique

両手を伸ばしたキック

続いて両手を伸ばしてキックをおこなってみましょう。この時もキックを頑張りすぎず、とにかくリラックスしておこなう事が大切です。手を前に動かしますから、スピードがあると顔に水が掛かってしまう可能性もありますので気を付けましょう。

水を飲まずにリラックスできて、ふらつかずに立ち上がる事ができればこの課題はクリアになります。

この練習のポイント

  1. リラックスすること
  2. 手をまっすぐに伸ばす事
  3. 体が反らないように気をつける

1については何度も解説している通り、肩に力が入りすぎると肩関節を締め付けます=スムーズなストローク動作の妨げになりますので、できるだけリラックスしておこないましょう。

2については、どうしても背面で浮く怖さが先行してしまう事、リラックスしようという意識があるために手をまっすぐに伸ばせない方が多いので、できるだけ伸ばす努力をしましょう。(経験上、ここで手が伸びないとスイムの際にも手が伸びないという方が多いです。)

腕を真っ直ぐに伸ばすコツとしては、腕の親指側を前に伸ばす意識を持つと伸ばしやすいです。このように、体が自然に持っている動きと、水泳の理想の形をすり合わせながら泳ぐ事が「綺麗に泳ぐための秘訣」です。

3については、体を浮かすということで、コーチによっては「お腹を出して!」という方がいらっしゃいます。これはこれで間違いではないのですが、このアドバイスだけでは足が下がってしまう危険性があります。体がしっかり真っ直ぐになっていないと腰痛の危険がありますので腹筋にも適度な緊張が必要です。