Swimming.jp

Swimming.jp Backstroke Technique

背泳ぎを綺麗に泳ぐために

背泳ぎを泳ぐためのコツは「リラックスして浮ける事。」これに尽きます。これができないまま背泳ぎを泳ごうとする事で、姿勢が維持できずに泳ぎの上達を妨げているという方が非常に多くみられます。逆にリラックスして浮く事ができさえすれば体(足)が沈む事はなくなり、いつでも呼吸のできる楽な泳ぎができるようになります。ここでは「背面で浮く怖さを取り除く。」事が最も重要です。

背面で浮く怖さを取り除くためには「簡単に立ち上がれる」ようになりましょう。まずは以下のアニメーションを見てください。

プールサイドの端に両手を広げて寄りかかります。最初は軽くジャンプするように足をプールの底から軽く離します。(徐々に体を浮かせる時間を長くして行きましょう。)そこから膝を胸に近づけて行き体を丸めます。体が垂直もしくは垂直を少し過ぎた辺りで立ち上がります。

意外にもこれができない方が多く、陸上のように腹筋を使って起き上がろうとしてしまうんです。そうする事で水と格闘してしまい、自ら初心者である事を周りに印象付けてしまいます。水の中では水に逆らわないのが鉄則です。まずは体を丸めて「立ち上がりやすい形」を作りましょう。

壁から離れて浮いてみる

本来なら体を完全に水面に一直線に浮かばせたいところですが徐々に慣らして行きましょう。足を軽く、怖くない程度のところまで浮かせてまた立ち上がります。少しずつでいいので、プールの底から足を浮かせる距離を離して行きましょう。

リラックスして浮く事ができれば背泳ぎは70%完成したようなものです。ここでのリラックスした姿勢を忘れずにストローク、キックにつなげて行きましょう。