Swimming.jp

Swimming.jp Freestyle Technique

腰を浮かせる(抵抗の少ない体の形を作る)為のドリル3

「腰を浮かせる為のドリル2」での泳ぎができたら、今度はストロークとキックをミックスしておこなって行きます。以下のアニメーションのようにストロークをおこないながら、フィニッシュとグライドの位置に来た時に腰を浮かせる姿勢を取ります。

この泳ぎの形が理想系ですので、この泳ぎを目指して練習していきましょう。

これがスイムでできるようになると、姿勢を考えずに泳ぎ続ける事ができるようになります。ただ、どの練習もそうですが、習得するには相当な時間がかかってきます。

この練習がうまくできたからといってすぐに止めてしまうと、人間の体の癖は抜けにくいので元の泳ぎにに戻ります。ドリルの1〜3を基礎練習として1ヶ月に一度は練習していきましょう。