Swimming.jp

Swimming.jp Freestyle Technique

腰を浮かせる(抵抗の少ない体の形を作る)為のドリル2

「腰を浮かせる為のドリル1」でのキックを今度は片手で行います。

同じように、通常のキックの時よりも少し下を向いて、腹筋に力を入れて潜らないギリギリの線を保って行きます。

片手でおこなうと、手を伸ばしている側の方が浮きやすいので、少し手を伸ばしている方の肩が深くなるようなイメージを持っておこなっていただければと思います。両手でやるよりも不安定になるので、体がぶれなくなるまで練習を続けて行きましょう。

※このアニメーションはわかりやすいように若干大げさに体の形を作っています。

水平からローリングの形を作る

上記アニメーションを練習した後は、実際のクロールの姿勢を作って行きましょう。以下のアニメーションは、「ゆったり綺麗なクロール」のアニメーションの形(=理想の形)になっています。

「ローリング」ボタンをクリックすると、体がローリングしていきます。クリックしてみましょう。